2012年09月28日

十三夜の蝶

生誕の日の祝いに、
それから来月の末の祭りにも、と

木犀の香の青年が仕立ててくれた衣装は
とても艶やかで幻想的な


夏山千歳氏ご麗筆/誕生祝


魂を運ぶ、とも称される
ひらひらと綺麗ないきもののよう

ふわふわと街の暗がりを彷徨ってみようか
勿論キャンディもたくさん持ってね!

大事に着せて頂くね、どうも有難う!
posted by エストレヤ at 22:22| Comment(0) | 星つづり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。